今夏の上田発電所界隈は、雨が非常に多く9月の発電量は低めで終わりそうです。

さて、発電に欠かせない太陽光ですが日差しが遮られてしまう原因は、天候以外にも雑草も原因の一つになっています。

上田発電所は、山間の土地柄ももあり平地よりも雑草の勢いは平地よりもすごいのではないでしょうか?
また、今年は雨も多く普通の年より雑草が多いのかもしれません。

私も現場に一度行ったことがありますが、雑草でパネルが1/3程度見えなくなっているところもある程に育っていました。

こんな状況ですので、雑草の影がとなり発電量が低下する一因にもなってしまいます。

対策としては、施工業者に草刈を依頼していますが、実施後しばらくするとまた、同様の状態になってしまい、
なかなか一筋縄ではいきませんが、他の対策をWEB、展示会で情報収集をしたところ、雑草対策としては、土をコンクリートなどで固めたり、除草剤散布、防草シートなどが簡単に見つかりました。

環境を考えると、「防草シート」を中心に費用、施工方法など具体的に調べていくことになりました。

早速、防草シートを発電所の広大な土地にいかに効率的に貼るか検討するために、一度施工業者の方と現地同行していただき、評価を兼ねて「防草シート」を試行で張っていたたくことになりました。
IMG_0505-1
白崎コーポレーションの「防草シート」を張りテストを開始しました。
 
防草シートを評価しながら、対応年数、防草効果など、草刈の費用と比較検討を進めていく予定です。