大和通信の技術力

2018年4月から組込み新人(2017入社)の実習記録です。 これからのIoT/AI開発に向け日々勉強の毎日。 ハード/ソフト開発者をめざす奮闘記です。

IoT

GW期間に家電品の電流測定

ゴールデンウイークを利用して、先日製作しました交流電流ロガー(?)を持ち帰り家電品のログを取ってきました。

今回の装置の画像から紹介します。

1494194725643-459763600
前回のお天気Projectで使用しました試作基板を改造して製作しました。
また、交流電流を測定するために、延長ケーブルを使い途中にセンサーを取り付けています。

また、今回のログ採取は、5秒間隔としてロギングしています。
Ambientの仕様は、3000データ/1日ですので、250分のログが1日で採取できる事になりますので、4時間程度となります。

実際に私の自宅でとある家電品の電流ログを取りましたのが、下記のグラフデータです。

bandicam 2017-05-08 07-14-16-280

グラフ表示を1日間に設定していますが、もう少し詳細を見る事も出来ますし、データをダウンロードもできますので、Excelでデータ加工も簡単にできそうです。
 ※ちなみに、ダウンロードしたデータの時刻はUTCになっていました。

これで、基礎データは取れそうですので、しばらく測定を続けたいと思います。



 

ESP-WROOM-02を使って交流電流測定。

とある開発案件があり、プロジェクトで使い慣れたESP-WROOM-02で手伝いすることになりました。
実際にやる事は、家電の電流変化を掴み、そのデータを開発部隊に渡すころまでです。

当初、ESP内臓のADC(TOUT)を使って自身でスケッチを考えるつもりでしたが、WEBで今回の案件に合う回路、スケッチ、クラウド環境までを公開されていたWEBを都合よく、見つけましたので、使わせていただくことにしました。
(環境の違いからくる不具合かもしれませんが、スケッチがうまく動作せず一部変更させていただきました。)(参照させていただきましたWEBサイト   Ambient:https://ambidata.io/

14933303815471437745524
 
いつものスイッチサイエンスさんのESP-WROOM-02開発ボードを使っていますが、最終は前回のプロジェクトで使用したプリント基板を加工して、長期ロギングしたいと考えています。

 試しにコーヒーメーカー動作時の電流変化を見てみました。
1493331180187640332361
最大で13.2Aの様です。
bandicam 2017-04-28 07-10-54-447

お天気Projectで使った試作機を改造して、基礎データを採取したいと思います。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント